01_career_blog_banner_660x440

<FAQ No. 5 >
ニックネーム: F.starさん
性別: 女性
年代: 20代後半

【相談内容】

聴覚過敏があり、普通の仕事に就くことが出来ません。


答えてくれたのは…
戸田忠澄先生
戸田忠澄_256

聴覚過敏のために、おそらく今まで沢山の苦労をなさってきたのですね。 そこで考えていただきたいのですが、そんな中どんな工夫をなさってきましたか? あなたなりの工夫があったのではないかと思います。
なぜ、こんなことをお聞きしたのかと言うと、確かにあなたがおっしゃるように。 大勢の人がいる所でのお仕事はあなたにとって難しいかもしれません。 けれど、あなたがこれまでなさってきた生活環境作りを持ち込めば、あなたなりの働き方ができるのではないかと思うからです。
例えば、インターネットで仕事の依頼を受けて、ご自分の快適環境でお仕事を仕上げて、インターネットを通じて納めるということも可能かもしれません。 あなたに合った、働き方、あなたに合った環境作り、きっとあると思います。 これまでやって来られたあなただから、きっと可能性を開いて行かれると思います。応援しています。  

答えてくれたのは…
長濱孝文先生
長濱孝文_256

ご相談ありがとうございます。 聴覚過敏のことをなかなか周囲に理解してもらえないのは、とてももどかしいですよね。 今まで、お仕事探しでご苦労されてきたのではないかと思います。 悔しさを感じたこともあるかもしれません。 そんな中でも今まで来られたのは、ご自身ができること、強みを最大限に発揮して、いろいろなことに真摯に向き合って来られたからではないかな、と思うのです。
「私ができること」「私の強み、得意なこと」を、1つでも多くご自身の中にストックしておきませんか? 数えきれないほどの会社の中で、あなたのことを理解し、受け入れてくれるところはきっとあります。 ご自身の強みをフル活用できるところは、きっとあります。 ぜひ、粘り強く、根気強く、探してみてください。
あなたがあなたらしく、いっそう輝く存在になれるように、心から応援しております! 

答えてくれたのは…
大平 昌子先生
大平昌子_256

お身体のことを考慮してもらえる仕事を探すのは、ご苦労もおありだと思います。思うようにいかず、歯がゆい想いをされたこともあったのではないでしょうか。 お仕事をするうえで、あなたの感覚を周りに理解してもらうことはすごく大事ですよね。
それは仕事のしやすさにつながっていくと思いますが、あなたの持っている感覚をそのまま分かってもらう難しさもあると思います。そういう部分を人に分かってもらえないのはさみしいですよね。 普通の仕事に就きたい、でもそう出来ないというジレンマがおありだと思います。
どんな仕事に就くかも大事だと思いますが、どんなお仕事であっても自分のベストを尽くせるかどうかがわりと重要だったりします。仕事に向かう誠実な姿勢に触れると、周りは寛容的になります。どうしても出来ないことがあったとしても、そのことに理解を示し、許容してくれることもあると思います。 どんな人にも得意と不得意があって、周りに助けてもらいながら仕事をしているんです。
あなたのすべてを理解してもらうことは難しいかもしれませんが、あなたを気遣い協力してくれる人はいると思いますよ。 お仕事を探すうえで、ご自身の強みを活かしていってくださいね。得意なことや、これなら出来るという経験値など、アピールポイントがあるはずです。あなたの感覚があったとしても貢献できることもあるんだと、伝え続けてください。根気のいることですが、粘り強くいきましょう。
あなたがあなたらしく、のびのびと過ごしていかれることを、心から応援しております! 

答えてくれたのは…
八田しげみ先生
八田しげみ_256

聴覚過敏の状態はもう長いのでしょうか?日々、不便な思いをされている事がおありでしょうね。外からは見えにくいというしんどさもあるかもしれませんね。 あなたにとって普通の仕事とはどのような仕事なのでしょうか?
仕事には、事務の仕事、製造の仕事、接客の仕事・・・外での仕事、家での仕事など、本当に色々なものがあると思います。そして、その仕事に就いている人もまた、色々な人達かもしれません。
もしかしたら、あなたがやりたいと思っていた仕事が、あなたの症状には合わないという事があったのでしょうか?そうだとしたらとてもつらいことでしたね。 あなたのやりたい気持ちと、症状、体調から考えて出来る事の間にはギャップがあるかもしれません。でもだからこそ、やりたい事と出来る事を慎重に見極め、就いた仕事に敬意を払ってやっていく事が出来るのではないかと思います。
何をやるか、という事よりも、どのようにやるかという事にこそ価値があります。お身体を大切に、症状とうまく付き合いながら、ぜひ、あなたらしさが発揮できる仕事を見つけて下さい。 そして、周りの皆さんには、あなたの出来る事、苦手な事を伝えていって下さいね。
例えば、こういう事は出来るし得意だけれど、こういう事は苦手なので助けて欲しい、という事をあらかじめ伝えておくことで、理解や協力が得られることもあるでしょうし、「出来る事では皆さんのお役に立ちますので言って下さい!」と伝えておくことで、良い関係性をつくる事ができると思います。
あなたが出来る事では誰かを助け、あなたが苦手な事は誰かに助けてもらう・・・私たちが生きるこの世の中のことはほとんどが「お互いさま」です。頼ってもいいんですよ。結果的に仕事がスムーズに進むことになるはずです。 あなたに合う仕事、居心地の良い職場を見つけるために、多くの情報を手に入れて下さいね。今はそのための便利なサイトがあります。ぜひ活用しながら、あなたにとって良い選択をして下さい。

答えてくれたのは…
朝生美佐子先生
朝生美佐子_256

聴覚過敏があるとのこと。日常生活でもご苦労されることが多いのではないかと思います。外見からは周囲の人に気付いていただけないためにしんどさを感じることもありますよね。
現在の体調への影響がどの程度なのかわかりませんが、「普通の仕事」とおっしゃっているのは、どのような仕事を考えられていますか?いろいろな仕事がありますし、仕事をする環境もさまざまだと思います。まず、仕事を探す上で、「やりたい仕事は何か?」そして、「どんな環境なら仕事ができるか?できないか?」を整理して書き出してみてください。
やりたい仕事とできる環境が一致していれば、そこを目指していきましょう。そして、就職の面談時には必ず聴覚過敏があることを面接官に伝えてくださいね。少し体調面で気になることはあっても、あなたが仕事をすることの価値は何も変わらないのですから、はっきりと伝えていきましょう。職場の周囲の方達にも見た感じからは気付けないことですので、伝えることで助けていただけることもきっとあると思います。ぜひ、周囲を巻き込みながら、あなた自身の身体を大切にしてくださいね。
あなたが生き生きと輝いてお仕事ができることを願っています。



「トークCARE」とは?
恋愛・不倫・妊活・子育て・人間関係・メンタルトレーニングなどの専門家・カウンセラーの先生とLINE上で直接相談できるサービスです。
利用料は業界最安値級の1分100円~!
相談の終了はいつでもご自分で決定できるので安心です。

誰にも言えない悩み、相談してみませんか?

LINE「トークCARE」はこちらから
※LINEアプリがインストールされているスマートフォンでご覧ください。